幼い頃のルークのこと みルクラッティとの日々 それからめいのこと

LEUK!な 毎日 



ララの薬変遷(覚え書き)

ワタクシ 困った飼い主だと思います。
獣医さんの指示通りに薬を与えなかったりするし
ネットであれこれ探しちゃうし(^^ゞ

でも 以前かかっていた主治医さんも
今 通っている主治医さんも信用しているし 好きです。

ゴルのめいが旅立った時も
みやが旅立った時も どちらの獣医さんにもよくして頂きました。

さて ララさん
2014年夏に脇にしこりが見つかり
そのしこりを摘出するためのレントゲンで肺に腫瘍が見つかりました。
脇のしこりは奥深い場所にあったので難しい手術になる。
ララの過去の病歴もブリーダーさんと当時かかっていた獣医さんにお聞きして
過去に摘出していた乳腺種、当時の細胞での細胞診までしていただいてます。
一度は手術を決意し、予約までしたのですが 踏み切れませんでした。

その後 今の獣医さんに転院することとなり
(駐車場が広かったから。あと大きな系列病院があったから。)
腫瘍に関しては何もしない。
今後 痛みや苦しさが出たら それらを緩和する方向でいきたい。
という治療方針をお願いしています。
でも
気休め程度だが、ということでお薬を処方していただきました。
抗生物質だったかなあ?レシートが見つからないので薬の名前もわからないのだけど
そんなに強い薬じゃない。もちろん抗癌剤でもないお薬でした。
同時にホメオパシーの病院で相談し ララのチンキも作ってもらうことにしました。

どれくらい経った頃だったろうか?
ララの便に血が付いていた。
便の出始め、赤い鮮血。痔かな?って思った。
一週間から二週間に一度くらい。
しばらく 悩んでから 当時飲んでいた薬を止めたら鮮血は出なくなった。
少ないけれど そういう副作用もあるよ、と獣医さんに教えてもらったから。

今回 ララの下痢Pにいただいた薬もごく一般的な強くはない抗生物質と胃腸薬。
固まりつつあった便だけど 力んでも出ない!
便秘かな?と思えたので 勝手に1回お休み。
あとで検索したら
懸念事項
便秘が生じることもある。(整腸剤と併用することで便秘の恐れを軽減する)
とのこと。

それを獣医さんに告白して もう1種類胃腸薬をいただいた。
それもごく軽い胃腸薬らしい。


でも昨日午後からのララの徘徊に
ステロイド?と おとうさんが聞いたので検索してみた。
副作用 本剤の投与によりまれに流涎、不穏状態、四肢あるいは頚部の振せん、運動失調の症状が現れることがある。
ああ、コレかもしれないな、と。

徘徊はしているけど 顔つきはさほど悪くはなさそう。。
とりあえず 後でもらった胃腸薬は またも勝手に1回お休みしました。

便は今日も固まってる。
でもこの固まり方は お薬のおかげって感じなので
薬が切れる土曜日以降はどうなるかな?
腹痛はもうないみたいだから 少しずつ良くなると思うけれど。。
年齢からくる軟便の可能性もあるしなあ。
便に付く血はまだ少しあるけど鮮血ではなく、黒くなってる。
ジワジワ出血しているのかな?
痔なのか 肛門近くに腫瘍があってしょっちゅう傷ついているのかな?
想像できるのは そんなところ。
内視鏡検査は肺に腫瘍が増えているので無理なんです。


関連記事
  1. メモ&日常
  2. / trackback:0
  3. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 

<<朝10時  | BLOG TOP |  遠足!>>

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

めめ

Author:めめ
ゴールデンのめい
Kooikerhondjeのみや 
そして
 ルークとティアとララ

FC2カウンター

MeiMieya

LeukTheia

いくつになったの

めい

みや

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -