FC2ブログ

幼い頃のルークのこと みルクラッティとの日々 それからめいのこと

LEUK!な 毎日 



森の中








久しぶりに森の中

約束の時間より早目に着いちゃって
いつもなら 一人で森に入るのは 怖いのだけど
今日は平気だった。

みんなが来るまで ブラブラしてた。

ララもわたしに着いて 歩いていたし、
ティアは今までおりられなかった舞台から降りる事も出来た。
みやが手伝ってくれたのかな。


  1. 携帯
  2. / trackback:0
  3. / comment:0



森へ向かう車の中で
みやの笑顔が頭に浮かんだ。
きっと みやも一緒だと思った。


でも
帰り道では 
退院させてきた時のことを思い出した。

わたしは みやのケージのあった位置に寝かせようとした。
(部屋の隅っこになる。)
シャン母さんが「部屋の真ん中の方がいいよ。」と言ってくれたので
真ん中に移動させた。

あの時 わたしは何を思っていたのだろう。
みやが寝たきり生活を送ると思っていたのだろうか?
獣医さんには「今夜がヤマ」と言われていたのに。。


みやがいなくなって
パソコンに向かう時間が減った。
あれから ゲームは止めた。
ネットも以前ほど見なくなった。
パソコンは大きなフォトフレームとなり、
めいとみやのスライドショーを映している。

関連記事


 管理者にだけ表示を許可する
 

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

めめ

Author:めめ
ゴールデンのめい
Kooikerhondjeのみや 
そして
 ルークとティアとララ

FC2カウンター

MeiMieya

LeukTheia

いくつになったの

めい

みや

ララ

あなたが静かに永い眠りについた

2018/9/2 21:04

« 2020 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -