FC2ブログ

幼い頃のルークのこと みルクラッティとの日々 それからめいのこと

LEUK!な 毎日 



性格と気質 歴史

ホームページに記載していたものを
ここにも置いておきます。
16年くらい前のものです。
概要はほとんど変わっていないです。


性格・気質

 優しく元気な気質によっては明るい家庭犬になる。
オランダの画家ジャン・スティーンの絵にはコーイケルホンディエが昔、家族生活に欠かすことの出来ない役割を果たしていたことが描写されている。

この品種は幸福で自信があり、また見知らぬ人や犬に対しては用心深い。
攻撃的であったり非社会的であったりはしない。
多少時間がかかっても、いったん誰かに慣れると、
コーイケルホンディエはその人にとって常によき忠実な友となる。
この品種の用心深さを克服し、潜在的な問題行動を防ぐカギとなるのは、社会化であり、早くに始めるべきである。
  今でも協会のHPに記載されてます

コーイケルホンディエは本来狩猟犬であるため、アウトドアを好み、規則正しい運動は彼らを幸福にする。
昔から、アヒルをおびき寄せない時、コーイケルホンディエは屋敷を見張り、モグラやネズミを忙しく狩ってきた。
このため、コーイケルホンディエはほとんど疲れ知らずで、いつも忙しくしており、刺激を必要とする活発な精神をもっている。

 あなたが最もやってはいけないこと、それはコーイケルホンディエを退屈させることだ。
退屈すると、彼らは駆り立てられるように「仕事」を発明する。
彼らが提出する「仕事」をあなたはありがたくなく感じることだろう。
良い点としては、鋭い学習能力と高いエネルギーによってアジリティーやオビディエンス、狩猟などで秀でることが出来よう。

 コーイケルホンディエは良い番犬(うるさくはない)になり、
また人の中にいるのを好むため良いコンパニオン・ドッグになる。
オレンジ公ウィリアム2世王子の暗殺が企てられた時、彼は、彼の忠実なコーイケルホンディエ「Kuntze」に起こされて助かった。この事件で、コーイケルホンディエはオランダの人々の心をとらえた。

 この品種の過敏さ、そして大概の場合不必要なハンドリングを嫌がるということから、小さく、抑制のきかない子供の遊び相手にコーイケルホンディエは勧められないと言われている。
しかし、たいていの犬と同じく、子供と一緒に育てられ、子供、犬双方に互いを尊重することを教えられた場合、コーイケルホンディエは子供を好きになる。コーイケルホンディエを家族のペット候補から外す理由はないだろう。



歴史

 コーイケルホンディエはオランダに起源をもつ古い犬種である。

コーイケルホンディエは16、17世紀ごろから絵画のなかに登場するようになる。
しかし、1966年6月18日になってやっと公式に認定された犬種となる。
彼らは本来カモ(アヒル)を罠におびき寄せるために飼われていた。

不運にも、第2次大戦の終わりごろにはアヒルを家畜とする家が減り、コーイケルホンディエは仕事を失いほとんど絶滅寸前になった。
たった25頭のコーイケルホンディエだけが残った。

 1939年Hardenbroek van Ammerstol男爵夫人はこの小さなコーイケルホンディエを復活させることを決心した。男爵夫人は一人で広大な屋敷に住み、犬に人生を捧げていた。
彼女はかなり風変わりな女性で、犬を夕食に同席させた。
犬たちはそれぞれ自分の椅子に座って彼女と同席した。

第2次大戦中、多くの連合軍のパイロットがドイツ軍から逃げるのを男爵夫人は助け、ベルギー国境へ続く森を通り抜けるガイドとして彼女の犬を使った。
男爵夫人はまた、他のオランダ犬を救いもした。(このほかにもキースホンドなども復活させた)

 コーイケルホンディエを復活させるために、男爵夫人は理想的な犬の詳細な描写を用意し、旅するセールスマンにこの基準に合う犬を探すよう頼んだ。
そして、ついに彼女の努力は報われ、Tommyという名の雌犬がFrieslandという北の地方の農園にいるという知らせをうけた。男爵夫人はFrieslandへ行き、Tommyが確かに描写と一致していることを知って喜んだ。
農夫はTommyを売らなかったが、幸運にもブリーディングに貸し出すことには同意した。

 TommyはGeldropにある男爵夫人の家に連れてこられ、男爵夫人はTommyに合う雄犬を探し始めた。
そして、Bobbieという名のふさわしい犬を探し当て、Tommyに最初の出産をさせた。
この出産でたった一匹の雄が生き残り、男爵夫人はこの犬にBernhard van Walhalla(van Walhalla は犬舎名)と名づけた。

 1943年、TommyはBennieという新しい雄犬との間で2度目の出産をした。
この出産で4匹の雌犬が生まれ、Tommyとオランダの幼い皇女たちにちなんでTrix,Irene,Margrietje,Tommy2世と名づけられた。(これは男爵夫人がかなり大胆であったことを示す。1943年からオランダはナチスドイツに占領され、王室に関する発言は完全に禁止されていたからだ)
男爵夫人はこれらの雌犬にふさわしい雄犬を探し、農家や個人宅でそれらの雄犬を見つけ出した。
Tommyはさらなる出産をするには年をとりすぎたため、Frieslandの農家に返された。 
収穫者が偶然殺してしまうという悲しい事件が起こるまで、彼女はそこで暮らした。

 やがて、他の人たちがコーイケルホンディエのブリーディングに関心を持ち始めた。
Tommyの子孫に当たる犬や、描写に合う雑種やBosmaという名のおとり猟師が飼っていた2匹の犬を使い、彼らは完全な犬を作り出した。

 1966年、The Raad van Beheer(犬種を公式に認可するかどうか決めるオランダの学会)は暫定的な証明書を発行することを決めた。判定に合格した犬には証明書が認められた。Nico(Margrietjeの孫)は暫定的証明書を認められた最初の犬であり、現在のほとんどのコーイケルホンディエの血統の元になっている。

 1971年12月20日、遺伝子のプールが十分に確立されたという最終認識を受けた。
この瞬間から、証明を受けていない犬はブリーディングに参加させてはいけなくなった。


  1. コーイケルホンディエの使い方
  2. / trackback:0
  3. / comment:0


ホメオパシー相談に行って来た


写真は2014年8月7日
琵琶湖に行っていたんだ。
みやが珍しく自ら泳ぎ始めたんだ。
上手に泳ぐみやちゃんだけど 身体は沈み気味だったなあ。

この後12日ほどで 腰に激痛が走り
3週間の安静を何度も繰り返し
そして 翌年6月に急性、いや劇症の腎不全を起こしてしまった。

ずっとサボっていたホメオパシーチンキをお願いしに行った。
今ならお盆休み前に間に合うかな、と。

ララは痛み、痺れ、だるさがあるみたい。
腫瘍がどんどん大きくなって そいつが大きくなるときに 不要物を排出し、ララの腎臓がそれをろ過してるらしい。
ララが高カロリー食を食べても ほとんどが腫瘍の栄養になっている。
でも腫瘍の排出物がララの痛みを緩和している面もあるらしい。

今はララが辛い思いをしない事だけ願ってる。



  1. ホリスティックケア
  2. / trackback:0
  3. / comment:0


1時間だけ

琵琶湖花火大会
1時間の我慢の日

もちろんテレビつけて、音量はいつもよりちょっと大きめ。
幸い 花火の音が苦手なララは耳が遠くなって あまり聴こえてないらしい。
一発目のドカン!で ティアが焦っていたけど 今は大丈夫。
めいが一番怖がっていたなあ。

今日は夕方から 市内はあちこちで渋滞しているそうです。
迷子が出ませんように!






  1. お知らせ&予定
  2. / trackback:0
  3. / comment:0


尽く失敗


日一日と筋力が弱くなっているみたい。
昨日から前脚の滑り方が激しい。
足裏毛カットと爪切りで改善されるかな?

抱っこする時に 腫瘍を優しく包めるように 足拭きマットを筒状に縫って、それを使って抱っこするようにした。

わたしが慣れないせいか、これだけでは トイレ時にうまく支えきれない。
両手で支えないと潰れてしまう。
横隔膜付近で支えてしまうとしゃっくりが出る。

めいがパピーの頃、数週間だけ使ったトイレトレー。
縁があるので 潰れる事はないかと思っていたのだけど
慣れない物体から出たいらしい。

失敗かな。



  1. メモ&日常
  2. / trackback:0
  3. / comment:0


みどり色




少しだけ涼しい朝。
今のところ 気温も32℃くらい。
これで ちょっと涼しいだなんて おかしい!

琵琶湖がみどり色。
雨が降っていないから?

なにか昨日と違うコトがあると不安になる。

朝一番にララを外に連れ出した。
上手にう◯ちができたね。
でも チッコは出なかった。
朝 いっぱい出たからかな。

そのあと ルークとティアを連れて公園へ。
湖岸に行こうかと思ったけれど
昨夜は花火大会、ゴミが多いだろうと却下した。

久しぶりの公園だから ショートコースでも ニオイチェックに余念なく、満足してくれたみたい。

ついついララが気になって 急いで帰宅しました。

  1. おでかけ・お散歩
  2. / trackback:0
  3. / comment:0


歴史

歴史
2000年ごろに友人に訳してもらったものです。


コーイケルホンディエはオランダに起源をもつ古い犬種である。

コーイケルホンディエは16、17世紀ごろから絵画のなかに登場するようになる。
しかし、1966年6月18日になってやっと公式に認定された犬種となる。
彼らは本来カモ(アヒル)を罠におびき寄せるために飼われていた。

不運にも、第2次大戦の終わりごろにはアヒルを家畜とする家が減り、
コーイケルホンディエは仕事を失いほとんど絶滅寸前になった。
たった25頭のコーイケルホンディエだけが残った。

 1939年Hardenbroek van Ammerstol男爵夫人はこの小さなコーイケルホンディエを復活させることを決心した。
男爵夫人は一人で広大な屋敷に住み、犬に人生を捧げていた。
彼女はかなり風変わりな女性で、犬を夕食に同席させた。
犬たちはそれぞれ自分の椅子に座って彼女と同席した。

第2次大戦中、多くの連合軍のパイロットがドイツ軍から逃げるのを男爵夫人は助け、
ベルギー国境へ続く森を通り抜けるガイドとして彼女の犬を使った。
男爵夫人はまた、他のオランダ犬を救いもした。
(このほかにもキースホンドなども復活させた)

 コーイケルホンディエを復活させるために、男爵夫人は理想的な犬の詳細な描写を用意し、
旅するセールスマンにこの基準に合う犬を探すよう頼んだ。
そして、ついに彼女の努力は報われ、Tommyという名の雌犬がFrieslandという北の地方の農園にいるという知らせをうけた。男爵夫人はFrieslandへ行き、Tommyが確かに描写と一致していることを知って喜んだ。
農夫はTommyを売らなかったが、幸運にもブリーディングに貸し出すことには同意した。

 TommyはGeldropにある男爵夫人の家に連れてこられ、男爵夫人はTommyに合う雄犬を探し始めた。
そして、Bobbieという名のふさわしい犬を探し当て、Tommyに最初の出産をさせた。
この出産でたった一匹の雄が生き残り、男爵夫人はこの犬にBernhard van Walhalla(van Walhalla は犬舎名)と名づけた。

 1943年、TommyBennieという新しい雄犬との間で2度目の出産をした。
この出産で4匹の雌犬が生まれ、Tommyとオランダの幼い皇女たちにちなんでTrix,Irene,Margrietje,Tommy2世と名づけられた。(これは男爵夫人がかなり大胆であったことを示す。1943年からオランダはナチスドイツに占領され、王室に関する発言は完全に禁止されていたからだ)
男爵夫人はこれらの雌犬にふさわしい雄犬を探し、農家や個人宅でそれらの雄犬を見つけ出した。
Tommyはさらなる出産をするには年をとりすぎたため、Frieslandの農家に返された。 
収穫者が偶然殺してしまうという悲しい事件が起こるまで、彼女はそこで暮らした。

 やがて、他の人たちがコーイケルホンディエのブリーディングに関心を持ち始めた。
Tommyの子孫に当たる犬や、描写に合う雑種やBosmaという名のおとり猟師が飼っていた2匹の犬を使い、彼らは完全な犬を作り出した。

 1966年、The Raad van Beheer(犬種を公式に認可するかどうか決めるオランダの学会)は暫定的な証明書を発行することを決めた。判定に合格した犬には証明書が認められた。Nico(Margrietjeの孫)は暫定的証明書を認められた最初の犬であり、現在のほとんどのコーイケルホンディエの血統の元になっている。

 1971年12月20日、遺伝子のプールが十分に確立されたという最終認識を受けた。
この瞬間から、証明を受けていない犬はブリーディングに参加させてはいけなくなった。

  1. コーイケルホンディエの使い方
  2. / trackback:0
  3. / comment:0


トレーニング

トレーニング

コーイケルホンディエは過敏で知的であり、強い個性をもつ。
このため、一貫した堅固なトレーニングを優しい声で行う必要がある。
コーイケルホンディエにどなっても、成すところは少なく、良いことより、弊害を生むだけだ。
クリッカ-トレーニングは高く推奨されている。この犬種は陽性強化や、フードに対しての反応が良い。 

 出来る限り早くにトレーニングを始め、それを楽しいものにすること。
あなたが犬にして欲しいようなこと(伏せなど)を、犬が自分でやった瞬間を利用し、コマンドを出しながら褒めること。
すぐに、犬はコマンドから行動を連想することを学ぶであろう。

 一般的に、トイレトレーニングは5~8週令で始められると言われている。
6ヶ月令を過ぎるころまで完全にはならないこともあるかもしれない。
早くに始めれば始めるほど、彼らは早くに理解するようになり、失敗もへることだろう。

 たいていのコーイケルホンディエは活発で、理性を使うのが好きである。
コーイケルホンディエに向いている活動のリストをつけておく。

・鳥を飛び立たせる(基本的に遊びとして)
・レトリ-ブ(よく教えられている場合)
・トラッキング
・アジリティー
・オビディエンス
・ドッグショー
・ダンス(オビディエンスを巧みな操作で音楽にあわせる)
・水遊びや水泳

 肉体を激しく使う活動の場合、きちんと管理し、犬を傷つけることを避けること。
子犬は6~8ヶ月令になるとアジリティーのトレーニングを始めることが出来るが、ジャンプはトレーニングから外すこと。
最初の1年は、まだ成長中であり、骨や関節はまだ固定されていない。
深刻な危険性、慢性的な怪我を避けるため、脚や背骨や関節を極度に使う活動は1歳までは行わないこと。

 ショードッグ用のトレーニングは子犬を手に入れたらすぐに始めることが出来る。
かなり押し付けがましいやり方で、他人がハンドリングすることに子犬を慣らす必要があるため、社会化と共に始めること。
普通の人とは違って、ジャッジの人は犬の口の中を覗き込み、体中を触る。
犬はこのことを許容し、ジャッジの手からモゾモゾ逃げ出してはならない。
飼い主、他人の両方から優しくハンドリングされ、褒められることを重ねていけば、犬はこの検査に慣れていくだろう。

 あなたが参加したいと決めた活動について、あなた自身とあなたの犬の両方をトレーニングしてくれる、地域の良いトレーナーを探すことを真剣に考えること。
コーイケルホンディエが敏感な犬種であることを忘れず、確実にあなたの犬に合っていると思えるトレーナーを注意深く探そう。


  1. おでかけ・お散歩
  2. / trackback:0
  3. / comment:0

<<NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

めめ

Author:めめ
ゴールデンのめい
Kooikerhondjeのみや 
そして
 ルークとティアとララ

FC2カウンター

MeiMieya

LeukTheia

いくつになったの

めい

みや

ララ

あなたが静かに永い眠りについた

2018/9/2 21:04

« 2018 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -