FC2ブログ

幼い頃のルークのこと みルクラッティとの日々 それからめいのこと

LEUK!な 毎日 



医療崩壊

人の医療現場で問題になっているけれど
医師・看護士・設備・ベッド・・・病院の不足や地域の偏り。
深夜の急患・・・

獣医さんでも同じだと思うのです。
しかも獣医さんの場合
専門特化している病院は少なく
一人の獣医さんが脳から心臓、消化器、外科etc
診なくてはならないし
犬猫鳥、ウサギ、ハムスター、エキゾチックアニマルなどなど。
地域によっては大動物専門の獣医さんも多いかとは思いますが・・

ウチのかかりつけ医さんは夜間の電話には出ないけど
「連れてきて」と言ってくれました。
そうしないと3日前の急患
1週間前の急患・・さんもやってくるらしいのです。
獣医さんもたまったもんじゃない!と思います。


まだ 病院が空いている時間に
「?」って思うことがあったら
すぐに連れて行ってあげて欲しいと思うのです。
もし、診療時間を数分だけ過ぎていたなら
きっと獣医さんも診てくれると思うのです。
或いは電話で指示をしてもらえると思うのです。
「大したことないよ」って
笑われた方がいいじゃないですか。


夜間(特に深夜)や休日の診察は
獣医さんに多大な負担を強いるし、
検査機関も連休だったりするとお休みです。
応急処置しかできないこともあると思います。

夜中に何かある場合も多々起こると思います。
でも
診察時間に連れて行ける場合や
慢性疾患でちょっと様子が・・って言う時も
早めに連れて行けば
獣医さんの負担はかなり軽減するんじゃないか?と思います。

以下のページは転載可となっていましたが
了解を得ていないので「http://」は省いてあります。
獣医さんにも通じる事だと思います。

非医療者に知ってもらいたい医療10箇条
d.hatena.ne.jp/ancomochi/20081204/1228403206
どうぶつ病院診療日記より
blogs.yahoo.co.jp/ponpoko6691535/27057566.html

  1. 独断&偏見
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
続きを読む

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

カレンダー

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

めめ

Author:めめ
ゴールデンのめい
Kooikerhondjeのみや 
そして
 ルークとティアとララ

FC2カウンター

MeiMieya

LeukTheia

いくつになったの

めい

みや

ララ

あなたが静かに永い眠りについた

2018/9/2 21:04

« 2009 03  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -