FC2ブログ

幼い頃のルークのこと みルクラッティとの日々 それからめいのこと

LEUK!な 毎日 



犬のキモチ 人のキモチ

最近、お友達がアニマルコミュニケーションを受けている。
人ごとながらドキドキ

わたしたちは去年の春に受けたのだけど
これを機にあの日のことを思い出してみた。

みやはプレッシャーに弱い。
わたしたちが「みやのために」と行動するとプレッシャーを感じる。
お水にこだわっている。
 ちょっと忘れていたことも数々あった。

みやのキモチ。ルークのキモチ。



まだ めいが2,3才の頃。
わたしはめいよりも他の人や犬を優先してきた。
たとえば、めいと仲がよくない犬友達が遊びに来たときのこと。
不満そうなめいを外に出し、友人と友人の犬を室内に入れていた。
どうして、友人に犬を車で待たせてくださいと言えなかったのだろう。
後にめいは どんな犬でも家に来た子は受け入れるようになったのだが・・


犬に関する本やセミナーなどで
「こんな時、犬はこう考えるだろう」と推察することは出来る。
たぶん、大きくは外れていないと思う。

めいが倒れる少し前、とても不安げな目をして
わたしを目で追っていた。
わたしはそんなめいに「待っていてね」と言いながら
背中を向けて夕飯の準備をし、お風呂に入っていたのだ。
あの時、もっとそばに居てあげたかった・・と思う。


でも・・・
めいやみや、ルークと生活するにあたって
犬中心ってわけにはいかない、と思っている。
わたしの時間やわたしの自由になる部分は
この子たちに使っているけれど。

でも・・・
まずは周りの人と社会のために労力と時間と思いを
使わねばならないと思っている。
(出来ることと出来ないことがあるけどね。)
そのためにウチの子たちが
我慢しなければならない時間も出てくるだろうけれど。
ウチの子たちが社会に受け入れてもらえるためにもね。

たとえば、めいが手首のしこり手術のために病院へ連れて行った時のこと。
朝、入院して手術時間まで 術前処理をして病院のケージに入っていた。
めいは不安と恐怖で吠え続けていたらしい。
病院から電話がかかってきて「来てほしい」とのこと。
わたしは まず「めいがかわいそう」と思う前に
先生方に迷惑をかけたことを申し訳なく思った。



人でも犬でも我慢しなければならないことは多々あると思う。
そうすることで社会は成り立っていると思うから。
非難する前に感謝出来る人になりたい。
権利を行使する前に義務を遂行出来る人になりたい。


自分でも何が書きたいのか?わからなくなってきた。
ただ、犬のキモチを優先してあげたいけれど
(犬を優先することが必ずしもその子のためになるとは限らないし。)
やっぱり周りの人のキモチを思いやる事ができないといけないな・・と。
まずは「ボクに」とおとうさんから言われそうだ(笑)

という大義名分をかざし
我が家の犬たちのご飯の時間、散歩の時間&距離は
すべて日によって変わる。
もちろん起床時間もおやつの時間&量も。
そして、今のところ反乱も起こさずに
なついてくれているみやとルークにありがとう!
二人ともかわいいよ。めいの次だけどね(笑)




  1. めいとみやとララ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
続きを読む

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

カレンダー

12 | 2007/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

めめ

Author:めめ
ゴールデンのめい
Kooikerhondjeのみや 
そして
 ルークとティアとララ

FC2カウンター

MeiMieya

LeukTheia

いくつになったの

めい

みや

ララ

あなたが静かに永い眠りについた

2018/9/2 21:04

« 2007 01  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -